寺院実績 本堂・客殿・庫院(庫裡)
寺院実績 薬師堂・位牌堂・山門
神社実績 社殿・参集殿・神楽殿
完成までの流れ
工事写真(寺院・神社・土壁)
勉強会・現場説明会
事務所・概要・経歴
ホームページを閲覧いただき有り難うございます。

八雲神社 御社殿 鳥瞰図

長福寺  御本堂 鳥瞰図

住職さんよりの再建事業に関する(アドバイス)
寺院の建築に於いて本堂の再建というものは特別な
意味があります。

 第一義的に信仰の根本となる本堂とは仏像、宗祖像の御前に於いて経典、題目を唱え行学への精進が信心を養い深める道場である。ということは本堂とは寺の核である。

[信は荘厳より興る] 信心とは荘厳なる本堂から生まれ育つ。
綺麗な境内、本堂は人の心を仏道に入らしめるプロローグとなり本堂で行われる法要等は、故人に対する
だけでなく生きとし生けるものにたいしても同等な祈りの
道場でなければならない。

 その核となるべき本堂を再建するということはまず
現本堂建立に携わった全ての方々に対して感謝の念と
なぜ建替えなければならないかを信念をもって奉告することが肝心でありひいては仏天のご加護を授かることとなる。
 本堂の再建は一朝一夕で叶うものではないので十分な時間が必要であり天が味方をしてくれるまで待つ根気が重要であり、また住職自ら声にだして再建の抱負を
語ることで周囲に再建の必要性を知らしめることとなり、
また自分にプレッシャーをかけることで夢を目標に変えることとなる。

 成功の鍵は強い信仰心を持って自らの命とひき換えにする気概が最重要。

 これよりは私の体験した建築に関わる具体的な注意点を箇条書きにいたしました。

1、人には必ず相性、ご縁というものがある。違和感が
  ある場合は注意。

2、必ず設計士を依頼して設計と施工の会社は別に
  する。
3、設計士を依頼する場合は事務所の知名度だけで
  選ばず設計士の人柄、誠実さを考慮する。

4、設計士の過去の実績、経験は当然ながら設計を
  依頼する事務所の繁忙も考慮する。
  あまり忙しいと設計、監理が遅延する可能性大。
  また担当の設計士ではなく部下の社員が設計、
  監理に当たり図面のとおりに施工されないミスの
  可能性アリ

5、予算は明確に伝える。本体工事の2割程度は設計
  解体、外構、仏具、式典費等に必要。

6、120%の[希望]要求を出す。それでも適うのは
  80〜100% それでよし。

7、入札施工会社の実績と建築を自分の目で必ず確認
  して3社以上で見積をとる。工事金額にもよるが
  多いほうが良い。ここでも相性、ご縁アリ

8、契約に際しては細かいところも確認する。ガラスの
  厚さや種類、建具の金具等、できるだけ追加工事を
  ださない為、設計図面や契約書の部材の金額も
  把握し頭に入れたのち確認の席に着く。

9、地鎮祭や上棟式は六曜等を考慮して日取りを決定し
  儀式に基づき慎重に行う。

10、契約し施工が開始されてからは施工している職人
   には直接注文を出さない。工事に疑問点がある
   場合は必ず現場監督か設計士を通じて早期に
   問題を解決する。工事は日々進行している。

11、施工に疑問や不安があれば設計士、および現場
   監督に直ちに相談する。

12、職人のお茶出しは負担に感じる程は行わない。
   習慣になると後が大変
社寺建築の、仕事に、携わって、39年になります。
宮大工さんは、限られていて、伝統的な木造の、社寺建築は、難しいと、考えている方が、多いと思います。
木造の、プレカット、2x4工法、鉄骨、鉄筋コンクリート造、検討されている方も、いらっしゃると思います。
若くして、技術、能力、優れて、努力されている宮大工さん、まだまだ多くおられます。
伝統軸組工法は、数百年単位でもつことが、現存する建築で、証明されています。
建築基準法により、木造で、建築できない地域もありますが、法改正により、準防火地域での、純木造の社寺建築が、
可能になりました。
竹澤古典建築設計事務所に、13年在職、寒川神社、楼門、東西門、回廊の基本計画、立案作成に、参画。
永平寺名古屋別院、意匠設計、協力。
社寺建築、本流つぐ、伝統工法の教えを、守り精進して、おります。
全国対応させて頂いております。ご検討、よろしく、お願いいたします。
建築中、完成建物見学も、行っております。
角嶋社寺設計室 角嶋克夫
〒350-0222 埼玉県坂戸市清水町31−6
TEL/FAX 049-281-2125
E-Mail katsuo2125@lime.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2012 Kakusima Syazi Sekkei. All Rights Reserved.