寺院実績 本堂・客殿・庫院
寺院実績 位牌堂・山門
神社実績
完成までの流れ
工事写真(寺院・神社・土壁)
講演会・見学会
事務所概要
TOPページ

寺院本堂工事写真  (工期は木材の乾燥考えると、一年半は必要です。)
けやき木材検査

お寺さん、
役員さんに
見ていただきます。
ヒバ木材検査

桟木をいれて、
半年は室内で、
自然乾燥
基礎杭打工事

地盤には特に注意
鉄筋コンクリート造は
杭打ち等が必要
鉄筋コンクリート工事

鉄筋を組んだ後、
型枠、コンクリート打
柱、海老虹梁加工
建て方

土台、柱、貫、
斗組、桁の順に
組上げます。
屋根 素小屋掛

雨風、による、
汚れ等完成まで
護ってくれます。 
本瓦葺き工事

今は、荷重が、
かからないよう
釘、銅線で、
とめる空葺きが、
主流です。
彫刻工事 手挾

設計者が、彫刻の
模様を、デザイン
します。
軒天井
大間、折上げ格天井
浜縁(外廊下)
  石工事

厚さ3cm石の
一枚板を据え
付けます。
浜縁下 亀腹
  人造石洗い出し
境内整備
  樹木移植
  完成
ページの先頭に戻る↑

神社社殿工事写真  (基礎、屋根以外は全て木材ですので、乾燥期間は半年以上必要)
材木検査

宮司さん役員さん
一緒に確認します。
基礎工事

建物を支える
大事な部分です
地盤は説明を
うけて自分の
目で確認
木材加工

大きな材木、加工
機械も、大きく
なります
木材加工

仕口、ほぞ継ぎ手
の仕上がった
状態です。
唐破風軒天井
  茨タルキ

一本の木から
曲がった形を、
仕上ます。
建て方

柱、貫と一緒に
壁板も、組上げる
神社、社殿の
特徴です。
唐破風軒天井

虹梁、懸魚、
蟇股、彫刻
唐破風屋根箕甲
  下地

銅板下地ですが
曲線を、きれいに
出すため丁寧に
屋根銅板
  箕甲加工

一枚一枚曲線に
合わせ加工します
鬼銅板打出し
屋根 素小屋掛

完成まで風雨から
建物を護ります。
内部造作

壁板、天井が
納まった状態
御扉飾金物取付

正面扉 厚さ6cm
ムク板に取付
基礎
  人造石洗い出し
階段段石
  ムク石取付
  境内整備、
  雨落ち、
  完成
 
ページの先頭に戻る↑

土壁工事写真  (下地、竹小舞)
 子供さんが、喘息ぎみな為、健康を第一に考えシックハウスの問題が無い建築にしたい、そのため柱・梁・床、天井は、桧・杉の無垢材、壁は土壁にしました。
自然素材のみを使用しました。新建材、修正材は使用していません。
完成した建物は、木材の香りが、感じられ、伝統建築にうらづけされた技術が際立つ物となりました。鉄筋コンクリート、鉄骨造ではあじわうことのできない落ち着く感じがします。
建方

見えない部分の材料も修正材は使用していません。
伝統工法
内部

壁下地
竹小舞
内部

かえし塗
耐熱・防黴・湿気吸水性
内部

下地中
仕上、厚さは10cmぐらいになります
内部

下地中
仕上、厚さは10cmぐらいになります
屋根

瓦葺き
外壁、シックイ塗
完成

体に感じる解放感、リラックス感、口ではなかなか言い表せませんが体が安心してホッとしている空間です。

自然素材が体に優しい建物になりました。
ページの先頭に戻る↑
〒350-0222 埼玉県坂戸市清水町31−6
TEL/FAX 049-281-2125
E-Mail katsuo2125@lime.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2012 Kakusima Syazi Sekkei. All Rights Reserved.